あめの金曜日

はやく金曜日になってほしい

ゲームが届きました

こんにちは、あめです。

 

 

これを書き始めて気付きましたが、

 

前回のあげたの、金曜日じゃなかった、ですね。

 

初回からなんとも締まらない。

 

・・・でも、

 

日付感覚とか曜日感覚って、鈍りやすくないですか?

 

「あれ、明日金曜日?え、気付かなかった、やった得した!」

みたいなこと、わりとよくありませんか?

 

・・・

 

私だけですか。

すいません。

 

見逃してください。

 

はい。

 

 

 

本題

 

なんとなく筆者の性格が把握されたと思われますが、まあ本題に入っていきましょう。

 

タイトルの通りですが、今回はゲームについて。

 

前回の自己紹介(?)を読んでくださった方は、すでにご存知のことと思います。

 

私の趣味のひとつが、ゲーム

 

とてつもなく雑にシンプルに完結させたので、ジャンルとかは全く触れてませんでしたね。

 

APEXとかFortnightとか想像された方、ごめんなさい。

 

 

分野は、恋愛シュミレーションゲーム

(いわゆる、乙女ゲーム)

 

 

「なにそれ?」という方に。

 

名前のまんまですが、

 

主人公の女性キャラの視点から選択肢を捌きまくって攻略対象になっている男性キャラと恋愛する

 

というゲーム。

 

今回の本題は「届いたゲーム」なので、乙女ゲームについての詳しい言及はいつかに譲ります。

 

本当は今、語りたいけど。

ネタ切れの時のためにとっておきたい。

 

 

本当に本題

 

いいから早く本題に入れ

 

ということで、予約していたゲームが届きました。

 

 

どどん

 

f:id:Ame_Kinyoubi:20211008003718j:image

 

 

多い

 

 

思ったよりも特典多い

(買う前に確認しろ)

 

特装版本体とタペストリーと缶バッジ

と思ってたので、びっくり

 

そして写真の正解がわからない。

どう撮ったらピントが合って、反射がなくなるんですか。

 

写真の完成度は諦めてください。

 

それはともかく。

本体はこれです。

 

 

f:id:Ame_Kinyoubi:20211008003845j:image

 

 

『終遠のヴィルシュ -ErroR:salvation-』

 

 

女性向け恋愛ゲームブランド、『オトメイト』の最新作。

対応機種は Nintendo Switch です。

 

実は、これ、半年くらい、待ち、続けた、待望の、作品です!

 

 

で、これは特装版のパッケージなので中開けるとこれ。

 

 

どん

 

f:id:Ame_Kinyoubi:20211008003903j:image

 

加工もしたくなる!

 

 

なんといってもこのビジュアル。

 

タイトルのデザインもさることながら、このふたりの目がもう何とも言えない。

 

 

きゅんきゅんを全く感じさせないどす黒さ

 

 

これで乙女ゲームですよ。

もう恋させる気ない。

 

余裕ある方、ぜひ公式サイトを見てください。

できれば高画質で、PCとかで。

 

 

もう、すごい。(語彙力)

 

 

プレイ前からすごいそそられますね。

 

 

さらに言うとこのゲーム、CERO D(17歳以上対象)

 

乙女ゲームでDは、なかなか見ないです。

少なくとも私は1作品しか持ってない。

 

 

甘酸っぱい恋模様よりも、ドロドロからの悲恋が性癖の筆者。

 

「死」をキーワードにしているところからもう無理。(語彙力)

 

すき。(語彙力)

 

もちろん前者も好きですが、刺激を求めてしまうのはもう本能・・・。

 

 

OP曲も作品にぴったりで最高なので、ぜひ聴いて欲しいです。

 

 

ぜひ公式サイトへ。(2回目)

 

 

 

さて、おまたせしました。

 

では、

 

さっそくやっていきましょう!

 

 

 

と、言いたいところなんですが

 

まあゲーム専用のサイトでもないので、今回はこの辺にしておきます。

 

本当はもっと話したいけど。

 

きっとそのうち我慢できずに話す日が来ます。

 

 

 

おわり

 

急に終わりましたが、まあそういうこともあります。

 

 

でも今回はちゃんと金曜日にあげました。

 

(木曜に書いたけど)

 

来週も書くことがあれば、金曜日を狙ってあげるつもりです。

期待はしないでください。

 

のんびり行きましょう。

 

ではよい週末を、あめでした。